メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

エルサルバドル人への一時保護打ち切りへ

 【サンパウロ山本太一】米国土安全保障省は8日、国内に滞在する中米エルサルバドル人に与えている一時保護資格(TPS)を2019年9月で打ち切ると発表した。米メディアによると、TPSが認められている約10カ国の中ではエルサルバドル出身者が最も多く、約20万人が対象になる見込み。

     国土安全保障省は、1000人以上が死亡した01年の地震を理由にエルサルバドル人にTPSを発行。18年3月に失効予定だったが、準備期間として1年半延期して終了する。対象者は帰国するか他の合法的な滞在資格を取得しなければならず、違反すれば強制送還される恐れがある。国土安全保障省は「地震の影響による生活上の大きな混乱はもう存在しない」と判断した。

     移民規制を進めるトランプ政権は昨年11月、ニカラグアとハイチ出身者のTPSをそれぞれ、19年1月と7月で打ち切ると表明していた。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
    2. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
    3. 台風24号 29日に沖縄接近 気象庁が警戒呼び掛け
    4. 沖縄知事選 自民、引き締め躍起 野党「ステルス作戦」
    5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです