メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/53 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

三月八日(9)

 せっかくの開戦記念日に銀シャリのお握りまでたべたのだが、極光通信に向かう三人の足どりは重く、口数もすくなかった。

「あの兄貴、弟に自分の分もやってたな」

 テツがぼそりという。

「おれってくい意地張ってるよな。あの兄貴も、おまえらも偉いよ。おれは自分の飯を人にはやれないや。情けない」

 タケシは開戦から何キロもテツが体重を落としたことを知っていた。育ち盛りの中学生がやせ細っていくのだ。苦しくないはずがない。今度はタケシが背中を強く叩(たた)き返した。

「しかたないだろ。丸々してたテツが今じゃすこしぽっちゃりくらいなんだから。戦争が終わったら、腹一杯た…

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文914文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
  2. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念
  3. アメフット 「相手のQBをつぶせ」前監督らが指示
  4. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  5. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]