メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今日も1日ワンだふる!

/7 NPO法人「らぽーる」(稲美町) 笑顔を運ぶセラピー犬 /兵庫

セラピー犬「えびす」と視線を交わすお年寄り(左)を見て、思わず笑みをこぼす飼い主の宮地ちえみさん=兵庫県稲美町の播磨サナトリウムで、浜本年弘撮影

 病気のお年寄りや障害者に癒やしを届けるセラピー犬の活動は多彩だ。小野市の土井病院(療養リハビリテーション型、141床)には、2012年から「えびす」(雄11歳)が毎月訪れている。

 先月19日に病院を訪れると、えびすは車椅子に座った藤原正昭さん(68)=加西市=と一緒に遊んでいた。藤原さんは、えびすの日程に合わせて通院したのだという。病気で右の手脚が不自由な藤原さんが左手でボールを床に転がすと、えびすがくわえ上げて藤原さんの元に運んでいた。

 「右手ではどうですか」とスタッフが問いかけた。藤原さんは少しためらった後、右手を使った。転がるボー…

この記事は有料記事です。

残り632文字(全文904文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです