メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大相撲 稀勢の里休場 初日から4連敗
とっとり花回廊・今月の花

多彩なシクラメン 開花待ち遠しいウメ /鳥取

 ここ数年の暖かい12月から一転、昨年は年末まで久しぶりに冬らしい寒さが続きました。そして年が明けた今も冷え込む日々が続いていますが、そんな中でも、ゆっくりと花々を楽しむのにオススメなのが温室です。

 フラワードームではクリスマスを彩ったポインセチアに替わり、シクラメンが登場しています。地中海沿岸原産のサクラソウ科で、赤や白、ピンクなど単色の花もあれば、花びらを縁取るように色付いた多色づかいの花、また縁がフリル状になった花など、さまざまな品種があります。香りはというと、過去に「シクラメンのかほり」という歌がはやりましたが、実は当時はほのかに香る程度か香りの無いものが一般的でした。

 これは品種改良をしていく中で花の見た目を重要視して改良されていった結果、香りがほとんどない品種が多…

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文826文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 入れ墨逆転無罪 若者に流行 識者「時代に即した判断」
  3. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  4. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割
  5. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです