メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とっとりの美

県立博物館から 鳥取藩絵師・根本幽峨×日本画家・菅楯彦 王朝時代の雅表す /鳥取

 2018年が明けました。みなさまは初詣には行かれましたでしょうか。行かれた方はどのようなお願いをされたでしょうか。長寿や健康、財福、豊穣を願い、新しい年の門出を祝うのは、今も昔も変わりありません。

 現在、県立博物館で開催中の「クロッシング!vol.5 根本幽峨(ねもとゆうが)×菅楯彦(すがたてひこ)」では、われわれに恵みをもたらしてくれる福神たちの姿や、新年を言祝ぐ大黒舞や萬歳などが描かれた作品も紹介しています。

 布袋や大黒などの、福々しい、いかにも楽しげな姿をみせる作品は、みている私たちをきっと笑顔にしてくれ…

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文925文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです