メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四国見聞録

香川県まんのう町 二宮忠八飛行館 日本初の動力飛行機、四国で飛んだ 「日本の航空機の父」二宮忠八 /四国

玉虫型飛行器の複製=香川県まんのう町の二宮忠八飛行館で、岩崎邦宏撮影

玉虫やカラスの飛び方見て ライト兄弟より12年も早く

 日本で初めて動力飛行機を飛ばしたとされる人物が、かつて四国にいた。それも、米国のライト兄弟が世界で初めて有人の動力飛行に成功した1903年より12年も早いと言われる。「日本の航空機の父」と呼ばれる二宮忠八(1866~1936年)。その功績を紹介する「二宮忠八飛行館」(香川県まんのう町)を訪ねた。【岩崎邦宏】

 飛行館は2006年3月、忠八を広く知ってもらおうと、当時の仲南町(現まんのう町)が建設した。同町は…

この記事は有料記事です。

残り954文字(全文1185文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 大塚勇三さん97歳=児童文学者「スーホの白い馬」
  2. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田
  3. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  4. 夏の高校野球 滞在費ピンチ 金足農OBが寄付金募集
  5. 夏の高校野球 金足農、東北の夢担う 白河越え挑戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです