メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

習近平戦略と陽明学=坂東賢治

 <moku-go>

 明治維新から150年。NHKでは大河ドラマ「西郷(せご)どん」が始まった。維新の功労者にもかかわらず、賊軍の将として散った西郷隆盛は清朝末から1920年代にかけ、中国の知識人の間でも人気を博していた。

 在日華僑作家の譚〓美(たんろみ)さんは「中国が新時代に立ち向かう際の理想的なモデルとしてあがめられ、真の英雄として語り継がれてきた」(「中国共産党を作った13人」新潮新書)と評している。

 西郷は大塩平八郎、吉田松陰らと共に日本の陽明学の系譜を代表する人物とも受け止められていた。明の儒学…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 城に県庁鎮座は「ひんしゅく」 福井県で議論へ
  2. 愛媛県庁前で男性倒れる 手に拳銃か
  3. 韓国との協議打ち切り 防衛省が最終見解 レーダー照射音公開
  4. レーダー照射「あとは引き金引くだけ」 政府に強い衝撃、日韓悪化避けられず
  5. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです