メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

習近平戦略と陽明学=坂東賢治

 <moku-go>

 明治維新から150年。NHKでは大河ドラマ「西郷(せご)どん」が始まった。維新の功労者にもかかわらず、賊軍の将として散った西郷隆盛は清朝末から1920年代にかけ、中国の知識人の間でも人気を博していた。

 在日華僑作家の譚〓美(たんろみ)さんは「中国が新時代に立ち向かう際の理想的なモデルとしてあがめられ、真の英雄として語り継がれてきた」(「中国共産党を作った13人」新潮新書)と評している。

 西郷は大塩平八郎、吉田松陰らと共に日本の陽明学の系譜を代表する人物とも受け止められていた。明の儒学…

この記事は有料記事です。

残り794文字(全文1049文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  2. クックパッドニュース [裏ワザ]「袋入り味噌」を今すぐきれいに容器に移す方法
  3. 西日本豪雨 親が片付け中に子供預かるボランティアも
  4. サッカー 柴崎岳選手が女優の真野恵里菜さんと結婚
  5. 民泊 解禁1カ月 京都市内、25件増の47件どまり 採算不透明、足踏み /京都

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]