メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

習近平戦略と陽明学=坂東賢治

 <moku-go>

 明治維新から150年。NHKでは大河ドラマ「西郷(せご)どん」が始まった。維新の功労者にもかかわらず、賊軍の将として散った西郷隆盛は清朝末から1920年代にかけ、中国の知識人の間でも人気を博していた。

 在日華僑作家の譚〓美(たんろみ)さんは「中国が新時代に立ち向かう際の理想的なモデルとしてあがめられ、真の英雄として語り継がれてきた」(「中国共産党を作った13人」新潮新書)と評している。

 西郷は大塩平八郎、吉田松陰らと共に日本の陽明学の系譜を代表する人物とも受け止められていた。明の儒学…

この記事は有料記事です。

残り794文字(全文1049文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 裁判官ツイッター 不愉快な思い 遺族、処分求める
  2. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
  3. 不適切投稿 裁判官懲戒、やむを得ず
  4. 分限裁判 ツイッター投稿裁判官「表現の自由侵害」と反論
  5. 十勝川温泉 苦境を逆手、自虐ポスター 地震後に客激減

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです