メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

官房機密費

開示訴訟 19日、最高裁判決 「闇」、支出の一端に光か

 時の政権が無条件で使えるとされる内閣官房報償費(官房機密費)。その支出を巡り、大阪市の市民団体メンバーが国に関連文書の開示を求めた訴訟の上告審判決が19日、最高裁第2小法廷(山本庸幸(つねゆき)裁判長)で言い渡される。3件の高裁判決は、開示請求された5種類の文書のうち3種類の開示について判断が分かれた。最高裁は今回、統一判断を示す見通しで、「ブラックボックス」の一端に光が当たるか関係者は注目する。

 「情報が公開されなければ、真実とは異なる臆測をしてしまう場合がある。むしろ国は積極的に情報を開示し…

この記事は有料記事です。

残り2606文字(全文2857文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  2. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 砂川判決 多数説起案の「入江メモ」発見 自衛権の範囲踏み込まず
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです