メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディア時評

「見たくない」事実伝えて=山本章子・沖縄国際大非常勤講師

 1960年発効の在日米軍に関する法的な取り決めである日米地位協定については誤解が多い。例えば、日本と同じ敗戦国のドイツ、イタリアの米軍地位協定と比べて、日米地位協定は内容が不平等という批判がある。しかし両国を含めた北大西洋条約機構(NATO)加盟国は、例外的に互恵性のある地位協定を結んでいる。互恵性とは互いに法的に対等ということで、米軍には駐留国の法律が適用される。米国並みの民主主義的な法律を備えていると認められて、同盟国の中で例外的なNATOの国々と、日本との比較は難しい。

 日米地位協定の問題は、むしろ条文通りの運用がされていない点にある。安倍晋三首相の祖父、岸信介元首相…

この記事は有料記事です。

残り561文字(全文852文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  5. 大阪震度6弱 携帯電話通じにくく コンビニで通信障害も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]