メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オプジーボ

悪性胸膜中皮腫の治療薬で早期に承認要請

「中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会」など

 「中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会」などは10日、肺がんなどの治療に使われる薬「オプジーボ」について、アスベスト(石綿)の吸引で発症する悪性胸膜中皮腫の治療薬として早期に承認するよう厚生労働省に要請した。

     同会によると、悪性胸膜中皮腫の治療は医薬品のペメトレキセドとシスプラチンの併用療法が一般的だが、効果が得られない患者も多い。近年、オプジーボに治療効果があるというデータが学会で公表されており、製造販売元の小野薬品工業は昨年12月、厚労省に治療薬として認めるよう申請した。

     10日に会見した大阪府の患者の右田孝雄さん(53)は「一人でも多くの命を救うために一刻も早く承認してほしい」と訴えた。厚労省によると、国内の悪性胸膜中皮腫の推定患者数(2014年)は約2000人。【古関俊樹】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潟 米山知事、援助交際「3、4年前から断続的に」
    2. 衝突事故 藤岡弘さんがタクシーと 運転手が首捻挫の軽傷
    3. ももクロ コンサート、大勢のファン予想に近江鉄道苦悩
    4. 霧島連山 硫黄山噴火…250年ぶり 警戒レベル3に
    5. セクハラ疑惑 財務次官辞任 発言、福田氏再度否定 識者「地金出た」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]