メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災

「孤独死」昨年1年で64人

兵庫の災害復興公営住宅 累計1027人で1000人超える

 阪神大震災の被災者らが入居する兵庫県内の災害復興公営住宅で、誰にもみとられずに「孤独死」した1人暮らしの入居者が昨年1年間で64人に上ることが分かった。県警の検視事例を基に毎日新聞が集計した。統計開始の2000年以降、累計1027人となり、1000人を超えた。

     県内の復興住宅は昨年1月現在で273棟。一般住民も入居できるため、統計には被災者以外も含まれているとみられる。

     64人の内訳は男性43人、女性21人。年齢別では30代2人▽40代1人▽50代2人▽60代13人▽70代18人▽80代24人▽90代4人で、平均75・3歳。65歳以上が55人と全体の約85%を占めた。13~15年は30~40人台で推移していたが、16、17年は2年連続で60人台となった。発見まで1カ月以上たっていたのは6人。昨年7月に玄関で見つかった神戸市中央区の女性(当時77歳、死因不詳)は発見まで約4カ月半経過していた。【目野創】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
    2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
    3. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
    4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
    5. 町田女性殺害 被害者は頭蓋陥没 頭髪から数ミリのねじ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです