メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学入試分析2018

「新テスト見据えた新しい変化も」 駿台教育研究所・石原賢一部長

受験の心構えを説く石原賢一部長=東京都内で2017年12月22日、浜名晋一撮影

 2018年度大学入試センター試験(1月13、14日)まで、あとわずか。受験生にとっては、これまでの努力の成果が問われる時期となった。18年度入試の特徴や、受験に際しての心構えなどについて、駿台教育研究所進学情報事業部の石原賢一部長に聞いた。【聞き手・浜名晋一】

高い理系のハードル

 --2018年度入試の動向はどうですか。

 17年度と同様で、変化は少なく、やはり文系の志望者数が多くて、理系が少ないという傾向が続いています…

この記事は有料記事です。

残り2651文字(全文2862文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  2. 二階氏妻葬儀に大島、菅、岸田氏ら参列 王氏や杉良太郎さんも
  3. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  4. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  5. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです