メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーマインド

歓迎したい「移籍の活性化」=柱谷幸一

 イングランド・リバプールのブラジル代表MFコウチーニョが、スペインのバルセロナへ移籍する。移籍金は1億6000万ユーロ(約216億円)と伝えられている。シーズン途中で攻撃の中心を失うクロップ監督は大変だろうと思う。

 シーズン前、バルセロナからパリ・サンジェルマン(フランス)に移ったネイマールの移籍金が、史上最高の2億2200万ユーロ。それまでの最高は、フランス人MFのポグバが、ユベントス(イタリア)からマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)に移籍した際の8900万ポンド(約140億円)だったので、移籍金の相場の高騰は激しい。

 これだけの金額となると、資金力で劣るチームが対抗することは無理だ。リーグ内でのチーム格差はさらに広…

この記事は有料記事です。

残り566文字(全文885文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです