メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高齢者避難

進まぬ計画 災害対策、実効性に疑問 モデルの津市「国は現場見て」

 災害時に支援が必要な高齢者などがいて、水害や土砂災害の危険性が高い地域にある全国の施設に義務付けられた避難計画の作成が難航している。国は津市をモデル地区に指定し重点的に作成を促すが、現場からは「国の手引に従って計画を作っても実効性に疑問がある」「もっと有効なサポートを」といった声が上がる。

 「計画は作ったが、実際にその通りに行動できるかは分からない」。近くの川が氾濫したら最高2メートルまで浸水するとされる特別養護老人ホーム「みえ愛の里」(津市)の大垣内福己施設長は話す。

 50人の定員はほぼ満員。夜間は職員が4人しかおらず、1人当たり10人以上の入所者の支援を担う計算で…

この記事は有料記事です。

残り634文字(全文922文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです