メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高齢者避難

進まぬ計画 災害対策、実効性に疑問 モデルの津市「国は現場見て」

 災害時に支援が必要な高齢者などがいて、水害や土砂災害の危険性が高い地域にある全国の施設に義務付けられた避難計画の作成が難航している。国は津市をモデル地区に指定し重点的に作成を促すが、現場からは「国の手引に従って計画を作っても実効性に疑問がある」「もっと有効なサポートを」といった声が上がる。

 「計画は作ったが、実際にその通りに行動できるかは分からない」。近くの川が氾濫したら最高2メートルまで浸水するとされる特別養護老人ホーム「みえ愛の里」(津市)の大垣内福己施設長は話す。

 50人の定員はほぼ満員。夜間は職員が4人しかおらず、1人当たり10人以上の入所者の支援を担う計算で…

この記事は有料記事です。

残り634文字(全文922文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 安室奈美恵、引退前夜に故郷沖縄でライブ 異例のフェス形式「とても光栄」
  2. 大阪市有識者懇 天王寺動物園「独法化」提言 全国でも初
  3. 特集ワイド この国はどこへ行こうとしているのか 平成最後の夏に… ジャーナリスト・伊藤詩織さん
  4. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  5. 20政令市 日焼け止めクリーム、プールで半数ダメの訳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです