メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農and食

大野農業高校 サンタ姿でお年寄り宅訪問 /北海道

 北斗市にある大野農業高校(鎌田一宏校長)の生徒たちが昨年12月23日、サンタクロースに扮(ふん)して地域の独り暮らしのお年寄り宅を訪ね、実習で栽培・製造したシクラメンの鉢花とカップケーキをプレゼントした。

 シクラメンは、同校園芸科の生徒たちが栽培したもの。種をまき、成長に合わせて数回の鉢替えを行うなど、ほぼ1年がかりで育てた。一方、主に食品科学科の生徒たちが製造したカップケーキは、直径、高さ共に約9センチのほぼ円柱形。主原料の小麦粉にココアパウダーなどを混ぜて焼き上げた。

 この取り組みは「サンタクロース活動」と称する同校の伝統行事。北斗市社会福祉協議会や民生委員も協力し…

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文690文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  4. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  5. 輸血 感染、対策後手 献血にウイルス混入 ジビエブーム、リスクに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]