メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スーパーキッズ&シニアin大阪

/5 「強くなりたい」その一心 レスリング少年 黒田啓悟さん(10) /大阪

真剣な表情で練習に取り組む黒田啓悟さん=大阪府吹田市で、芝村侑美撮影

 「日本のお家芸」ともいわれるレスリングの国内最大規模の小学生大会「全国少年少女レスリング選手権大会」で、3度優勝に輝いた小学4年生の黒田啓悟さん(10)。普段はおとなしい性格だが、「強くなりたい」という一心で、自分より体格が大きい相手にも立ち向かい、練習を重ねている。

 吹田市内にある体育館。寒さも厳しいなか、約2時間にわたって、熱気あるレスリングの練習が続いていた。黒田さんは前転、馬跳びや側転などさまざまな「マット運動」をこなし、スパーリングでは選手同士で果敢に体をぶつけ合った。

 5歳のとき、吹田市の広報紙にレスリング教室が載っているのを見つけた。幼稚園の友達もレスリングをして…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです