メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山陰温泉紀行

/8 玉造 長楽園 藩主愛した「神の湯」 人々魅了、日本一の混浴露天風呂 /鳥取

長楽園の混浴庭園露天風呂「竜宮の湯」=松江市玉湯町玉造で、根岸愛実撮影

 約1万坪の日本庭園と「日本一大きい混浴露天風呂」が魅力の温泉旅館「長楽園」は、玉造温泉(松江市)の歴史とともに歩んできた。玉造温泉は出雲国風土記でも紹介され、古くから「神の湯」として知られていた。江戸時代には松江藩主の静養の地となっており、藩には温泉を管理する「湯之助」という役職があったという。その湯之助の流れをくむのが今年で創業150周年を迎える長楽園など玉造温泉の3旅館だ。

 「これを目当てに来るお客さんが多いですね。混浴という珍しさもあるかも知れません」

この記事は有料記事です。

残り729文字(全文961文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  2. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  3. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  4. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです