メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフルエンザ

初動対応再確認 県が緊急会議 /岡山

香川県での事例を報告する岡山県農林水産部の上原毅部長(手前右端)=岡山県庁で、竹田迅岐撮影

 香川県の農場で鳥インフルエンザの疑いがある鶏が見つかったことを受けて、県は11日、緊急の会議を開き、連絡体制の点検など発生に備えた初動対応を再確認した。

 会議には伊原木隆太知事や部局長級の幹部ら15人が出席した。農林水産部の上原毅部長が、香川県での事例について、感染が確定すれば家きんでは今シーズン国内初の事例になることを報告。「隣県である岡山で…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文436文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです