メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米生産

県が初の「目安」 1万3800ヘクタール 農業再生協議会で決定 /香川

 県内農家が、主食用米を作付けする面積や生産量の参考とする今年の「生産の目安」が1万3800ヘクタール(6万8448トン)と決まった。17年産の生産実績1万2800ヘクタール(6万2000トン)を上回り、17年産で国が示した生産数量目標1万3776ヘクタール(6万8744トン)並みとなる。

 この目標提示は17年産で終了し、県や農業団体などで作る県農業再生協議会(会長=国分伸二・県農政水産部長)が「生産の目安」を初めて決めた。「おいでまい」に代表される売れるブランド米などを中心に“増産”を図る内容となった。

 県内に7あるJAの営農センター別に、自治体別の面積・量も決まるが、従来のような農家別の面積・量の提…

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文666文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 国立がんC 3年後がん生存率を初公表 全体で71%
  4. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです