メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

平和賞授賞式 広島、長崎から20人が見学 「一番若い被爆者」訴え続けたい 胎内被爆者・好井さん語る /香川

ノーベル平和賞授賞式を見学した好井敏彦さん=香川県坂出市で、岩崎邦宏撮影

PVの一体感に高揚 被爆ピアノも音色響かす

 ノルウェー・オスロで昨年12月にあった国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)へのノーベル平和賞授賞式を、ジャズピアニストで胎内被爆者の好井敏彦さん(71)=坂出市=が現地で見学した。カナダ在住の被爆者、サーロー節子さんの演説を聞いた好井さんは帰国後、「一番若い被爆者として、核廃絶の思いを訴えていく責任が強くなった」と決意を語った。【岩崎邦宏】

 好井さんは、広島にいた妊娠4カ月の母親の胎内で被爆した。広島大を卒業後、東京でジャズピアニストとし…

この記事は有料記事です。

残り759文字(全文1010文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. 辺野古移設 政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円
  3. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  4. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  5. 夏の高校野球 大阪桐蔭、済美降し4年ぶり決勝進出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです