メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

平和賞授賞式 広島、長崎から20人が見学 「一番若い被爆者」訴え続けたい 胎内被爆者・好井さん語る /香川

ノーベル平和賞授賞式を見学した好井敏彦さん=香川県坂出市で、岩崎邦宏撮影

PVの一体感に高揚 被爆ピアノも音色響かす

 ノルウェー・オスロで昨年12月にあった国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)へのノーベル平和賞授賞式を、ジャズピアニストで胎内被爆者の好井敏彦さん(71)=坂出市=が現地で見学した。カナダ在住の被爆者、サーロー節子さんの演説を聞いた好井さんは帰国後、「一番若い被爆者として、核廃絶の思いを訴えていく責任が強くなった」と決意を語った。【岩崎邦宏】

 好井さんは、広島にいた妊娠4カ月の母親の胎内で被爆した。広島大を卒業後、東京でジャズピアニストとし…

この記事は有料記事です。

残り759文字(全文1010文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おやつカンパニー ベビースターラーメンアイス29日発売
  2. アメフット 「謝っても謝りきれない」日大学長が会見
  3. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  4. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  5. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]