メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

布施広の地球議

さらば「強弁」の時代

 いわゆる暴露本の「炎と怒り」(Fire and Fury)はなかなか面白い。米国では5日の発売と同時に売り切れたそうだが、電子書籍としてなら日本でも購入できる。

 ただ、アッと驚く新事実があるかと言えばそうでもない。トランプ米大統領には前からいろんなうわさや未確認情報があったからだ。

 たとえば米誌「ニューヨーカー」のマーク・シンガー記者は2016年の大統領選の最中に「トランプと私」(Trump & Me)という本を出版し、「トランプは本心では大統領になりたいと願っていまい」と書いた。

 これはこれで密着取材の成果だが、マイケル・ウォルフ氏の「炎と怒り」はより具体的である。大統領選の勝…

この記事は有料記事です。

残り704文字(全文998文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲
  2. ロシアW杯 決勝に水を差す愚行 男女4人が乱入
  3. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  4. 将棋 藤井七段、今泉四段に敗れる NHK杯1回戦
  5. 大岡信さん 恋への恐れ 19歳の未発表詩、自宅で発見 いけない、いけない、笑みかけては。

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]