メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

布施広の地球議

さらば「強弁」の時代

 いわゆる暴露本の「炎と怒り」(Fire and Fury)はなかなか面白い。米国では5日の発売と同時に売り切れたそうだが、電子書籍としてなら日本でも購入できる。

 ただ、アッと驚く新事実があるかと言えばそうでもない。トランプ米大統領には前からいろんなうわさや未確認情報があったからだ。

 たとえば米誌「ニューヨーカー」のマーク・シンガー記者は2016年の大統領選の最中に「トランプと私」(Trump & Me)という本を出版し、「トランプは本心では大統領になりたいと願っていまい」と書いた。

 これはこれで密着取材の成果だが、マイケル・ウォルフ氏の「炎と怒り」はより具体的である。大統領選の勝…

この記事は有料記事です。

残り704文字(全文998文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 裁判官ツイッター 不愉快な思い 遺族、処分求める
  2. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
  3. 不適切投稿 裁判官懲戒、やむを得ず
  4. 分限裁判 ツイッター投稿裁判官「表現の自由侵害」と反論
  5. 十勝川温泉 苦境を逆手、自虐ポスター 地震後に客激減

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです