メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界@日本

民間療法、所変われば 台湾/インド/ペルー、ボリビア/米国/日本/ドイツ

「刀療マッサージ」を受ける記者。出刃包丁が頭に軽く振り下ろされるが、意外と気持ちがいい=台北市で、毎日新聞助手・鄭仲嵐撮影

 寒さが厳しくなり、体調を崩しがちな季節。世界には民間療法を頼りに調子を整える人も多い。歴史と伝統に基づき、人々の信頼を集める民間療法は、それぞれのお国柄を表している。

頭に響く包丁のリズム 刀療マッサージ@台湾

 肩こりに悩まされていたところ、知人から「包丁で体をたたくマッサージがよく効く」と聞いた。半信半疑で台北市にある「刀療(とうりょう)マッサージ」の専門店を訪ねた。

 出迎えてくれたのは11年の経験があるという蕭〓芳(しょうまいほう)さん。蕭さんによると、中国の春秋…

この記事は有料記事です。

残り3511文字(全文3747文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカー 「半端ない」活躍を期待 日本代表・大迫選手 仰天プレーに絶叫、Tシャツ販売好調 /東京
  2. 自殺偽装容疑 44歳姉を逮捕 弟に多額の保険金 堺
  3. 静岡女性遺体 「怖くなって車降りた」 2容疑者が供述
  4. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  5. 社説 加計学園理事長が初会見 軽すぎる「作り話」の始末

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]