メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界@日本

民間療法、所変われば 台湾/インド/ペルー、ボリビア/米国/日本/ドイツ

「刀療マッサージ」を受ける記者。出刃包丁が頭に軽く振り下ろされるが、意外と気持ちがいい=台北市で、毎日新聞助手・鄭仲嵐撮影

 寒さが厳しくなり、体調を崩しがちな季節。世界には民間療法を頼りに調子を整える人も多い。歴史と伝統に基づき、人々の信頼を集める民間療法は、それぞれのお国柄を表している。

頭に響く包丁のリズム 刀療マッサージ@台湾

 肩こりに悩まされていたところ、知人から「包丁で体をたたくマッサージがよく効く」と聞いた。半信半疑で台北市にある「刀療(とうりょう)マッサージ」の専門店を訪ねた。

 出迎えてくれたのは11年の経験があるという蕭〓芳(しょうまいほう)さん。蕭さんによると、中国の春秋…

この記事は有料記事です。

残り3511文字(全文3747文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共働き 日本の母親「仕事と家庭のバランス」満足度が最低
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 感謝状 警察犬ヨルト号、行方不明の男性を救う 富山
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです