メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イエメン

ミサイル応酬 フーシ80発、サウジ迎撃 米・イラン代理戦争激化

空爆で被害を受けた現場に入る住民=イエメン北部サーダで6日、ロイター

 【ワシントン会川晴之、カイロ篠田航一】イエメンのイスラム教シーア派系武装組織「フーシ」と隣国サウジアラビアが「弾道ミサイル戦」を続けている。フーシはこれまでに80発以上を発射し、一部は後ろ盾のイランが供給したとの指摘もある。サウジは同盟国・米国の迎撃ミサイルで対抗。中東での影響力を競うイランとサウジ・米国陣営の代理戦争は、ミサイル分野でも拡大中だ。

 フーシはイエメンの首都サヌアを含む北西部を実効支配し、南部アデンを拠点とする暫定政府と内戦中だが、…

この記事は有料記事です。

残り748文字(全文974文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  4. 鹿児島 老人ホーム 1カ月で6人死亡 県が立ち入り
  5. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです