メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シャープ

8Kアピール 米家電見本市、3年ぶり参加

ボディーペインティングの様子を8K対応ディスプレーで映すシャープのデモンストレーション=米ラスベガスで2018年1月9日、釣田祐喜撮影

 【ラスベガス釣田祐喜】シャープが米西部ラスベガスで開催中の家電見本市「CES」に3年ぶりに参加し、4Kの4倍の解像度のある8K関連商品をアピールしている。8K対応テレビを販売しているのは現在のところシャープのみ。韓国勢の追い上げが予想される中、市場をリードしたい考えだ。

 経営不振に陥ったシャープが再成長の柱に掲げるのが、得意とする液晶技術を使った8Kだ。昨年10月に中国、12月には日本で8K対応テレビの販売を始めた。米国事業は2015年に…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文555文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 再編を加速 札幌の1館閉鎖検討
  2. 横浜女性刺傷 「金を取る目的だった」逮捕の71歳容疑者
  3. 大阪府警 出会い系売春あっせん24人逮捕 大規模組織か
  4. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  5. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです