メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラニーニャ現象の影響で予想される海洋と大気の特徴(1~3月)

 気象庁は先月、太平洋東部で海面水温が低い状態が続いて世界の気象に影響を及ぼす「ラニーニャ現象」が約6年ぶりに発生したとみられる、と発表した。一般的にラニーニャ現象が起きると、日本では寒さが厳しくなると言われる。春先までの雪や寒さは、どんな傾向になるのだろう。

 気象庁はラニーニャ現象をこう定義している。

 <南米ペルー沖の東太平洋赤道付近に定められた監視海域の海面水温が、平年を基にした基準値より0・5度…

この記事は有料記事です。

残り1533文字(全文1735文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 安室奈美恵、引退前夜に故郷沖縄でライブ 異例のフェス形式「とても光栄」
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 日焼け止め 使用でビタミンD不足…20代女性に調査
  4. 20政令市 日焼け止めクリーム、プールで半数ダメの訳
  5. 18年 台風が最多ペースで発生 8月に初の5日連続で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです