メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今年こそ

/3 ぽっちゃりの今を楽しんで ファッションモデル・Naoさん(31)

「太っているという一番の悩みを手放したら、人生がうまく回るようになった」と話すNaoさん=和田大典撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 --ぽっちゃり女子向けのおしゃれ雑誌でモデルとして活躍する前、10年近く摂食障害に苦しんだそうですね。食事をとらなくなる拒食症と、大量に食べてしまう過食症があり、日本に2万人以上の患者がいるとされます。きっかけは何だったのですか?

 ◆一番古い記憶は保育園で男の子に「デブー、デブー」って言われたこと。太っているのはよくないと刷り込まれていきました。高校時代、好きな人に告白したら、「やせたら付き合ってあげる」。これが摂食障害の直接のきっかけです。とにかくカロリーを減らそうと、食事は豆腐、野菜ジュース、林檎1個。ウオーキングやジョギングをしても、食べていないのでふらついたり、生理が止まったり。47キロまでやせたのに、彼は厳しい人で、毎日、食事と体重を報告しないといけなかったんです。やがて反動で過食になりました。

 --高校卒業後はフリーターをしながら過食の生活が続いたとか。どんな食べ方をしていたんですか?

この記事は有料記事です。

残り1714文字(全文2135文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. パンダ 赤ちゃん誕生、体重少なく保育器に 和歌山
  2. 買春容疑 津市課長を逮捕 制服姿でホテルで発覚
  3. 訃報 ウスペンスキー氏80歳 「チェブラーシカ」原作者
  4. 不明 2歳児無事発見 ボランティア、山中で保護 山口
  5. のん 「この世界の片隅に」新作は「ちょっと大人っぽいすずさん」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです