メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

配偶者に発達障害 関係苦しむ、カサンドラ症候群 自助の集い、回復への光

パートナーが自閉スペクトラム症(ASD)かもと思ったら・・・ イラスト・池田奈央

 気持ちを察してくれない。理解できないこだわりがある。そんなパートナーの行動は、生まれ持った特性によるものかもしれない。発達障害やその可能性のある配偶者との関係に苦しむ「カサンドラ症候群」が注目されている。自助グループが各地にでき、孤立していた人たちの救いになっている一方、専門的な相談機関の少なさを指摘する声が上がっている。【反橋希美】

 「ずっと出口のない迷路にいるみたいだった」。関西地方に住む40代主婦のクミコさんは、約7年前に結婚…

この記事は有料記事です。

残り2474文字(全文2693文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. 夏の高校野球 金足農サヨナラ2ランスクイズ 近江を降す
  3. 富田林署逃走 容疑者5月以降4回逮捕 若い女性狙い
  4. 余録 日本人の目には、どう見てもひらがなの「も」である…
  5. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです