メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生き抜いて

阪神大震災23年/3 仮設のマリアの教え 看護の心、継ぐ 宇都幸子さん、神崎真姫さん

市営新大池東住宅の集会所のお茶会で談笑する宇都幸子さん(右)=神戸市須磨区で、道岡美波撮影

宇都幸子さん(73)、神崎真姫さん(47)

 阪神大震災など全国の被災地で活動し、2014年に73歳で亡くなった看護師、黒田裕子さん。その思いは、残された人々に引き継がれている。見守り活動や地域コミュニティーの確保、若い世代の育成。後継者たちは、黒田さんの「いつも気持ちを寄り添わせるように」との教えを胸に、今日も現場に立つ。

 黒田さんは阪神大震災を機に兵庫県宝塚市立病院の副総婦長を退職し、ボランティアを始めた。東日本大震災…

この記事は有料記事です。

残り825文字(全文1037文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです