メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絵・鰻和弘

 おせちってやっぱりいいですよね。小さい頃、おばあちゃんにそれぞれの料理にはちゃんと意味があるというのを教えてもらって、「わー! おせち意味深っ! 渋っ! かっこいい!」と思ったものです。黒豆はマメに働く、昆布巻きは喜ぶの言葉にかけてる、くわいは芽が出ますように、などなど……。

 ただ、最近はおせち離れがすごいみたいで、何とかして食べてもらおうと洋風や中華風が登場してますよね。テイストは違いますが、おせちという文化は残してほしいので良いと思います。どうせなら、洋風や中華風のおせちにも、後付けで意味を持たせてみるのはど…

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文651文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  2. 加計学園 理事長が会見、謝罪 監督責任で給与を自主返納
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 加計学園 午前11時から記者会見 理事長自ら説明か
  5. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]