メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

笑福亭銀瓶 20日、「しごきの会」で3席ネタおろし 30周年、トップギアで始動

「しごきの会」で3席ネタおろしをする落語家の笑福亭銀瓶=大阪市北区の毎日新聞大阪本社で、菅知美撮影

 今年、芸歴30年を迎える笑福亭銀瓶が20日、「ABCラジオ 上方落語をきく会」の名物企画「しごきの会」に登場する。挑むのは「3席一気にネタおろし(初演)」。昨年末に発表された文化庁芸術祭で優秀賞を受賞した勢いそのままに、節目の年を大きな挑戦でスタートさせる。

 「しごきの会」は1970~80年代、故桂枝雀や桂ざこば(当時朝丸)、桂文枝(同三枝)ら当時の若手を鍛えるために企画された。一昨年、中堅世代を1ステージ引き上げる舞台として復活。2人目の挑戦者として、銀瓶に白羽の矢が立った。若手の頃、ラジオ番組でリポーターを務めるなどゆかりが深く、「ABCラジオに育ててもらった」という銀瓶は、ハードなチャレンジを「神様が与えてくれたありがたい機会」と喜ぶ。

 3席には「井戸の茶碗(ちゃわん)」「質屋蔵」「短命」を選んだ。最初に決めたのが「井戸の茶碗」。公演…

この記事は有料記事です。

残り479文字(全文855文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  4. 東京都立高入試、過去最低の平均応募倍率 進む二極化
  5. はやぶさ2 「まさか」科学的に意外だったリュウグウの姿

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです