メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空き長屋

アトリエに 築65年を再生 住居一体、若者定着探る 大阪・大正

築65年の長屋を改築し、耐震補強を施してアトリエ兼住居にした細川裕之さん(右)と神吉奈桜さん=大阪市大正区で、幾島健太郎撮影

 少子高齢化に伴い、全国で空き家の増加が問題になる中、区内の空き家の割合が17・8%に上る大阪市大正区で、築65年の長屋がアトリエに生まれ変わった。一時は取り壊しも検討されたが、イラストや服飾といった分野のクリエーター用スペースと住居が一体となった施設に再生され、入居者を募集中。空き家を活用した若者の定着策として注目されている。【池田一生】

 新しい施設はシェアアトリエ「ヨリドコ大正メイキン」(木造2階建て、延べ約250平方メートル)。大正…

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文767文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  4. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  5. 輸血 感染、対策後手 献血にウイルス混入 ジビエブーム、リスクに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]