メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天山酒造

「七田 純米吟醸 雄町50」 仏の品評会で最優秀賞 欧州で日本酒普及に期待 /佐賀

プレジデント賞の表彰状と「雄町50」を持ちほほ笑む七田社長と妻慶子さん

 フランスのパリで開かれた初の日本酒品評会「KuraMaster」で、天山酒造(小城市)の日本酒「七田(しちだ) 純米吟醸 雄町(おまち)50」が最優秀のプレジデント賞を受賞した。七田謙介社長(47)は「日本酒の欧州での普及促進につながれば」と期待している。

 品評会は日本酒とフランス料理との相性の良さを伝えて普及につなげようとするフランス初の日本酒品評会。昨年6月に開かれ、フランス各地のソムリエやレストラン関係者らワインの専門家32人が100点満点の加点式で審査した。

 出品されたのは純米大吟醸部門266本、純米部門284本の計550本。この中から、上品な香りと米のう…

この記事は有料記事です。

残り466文字(全文752文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日世論調査 アメフット、日大説明「納得できる」1% 
  2. 自民・萩生田氏 「男が育児、子供に迷惑」 持論を展開
  3. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  4. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]