メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水俣病患者

手足の痛み改善 治療研究、推進へ 国水研、久留米大と連携協定 /熊本

連携協定に調印した久留米大の永田学長(右)と国立水俣病総合研究センターの重藤所長

 久留米大(福岡県久留米市)と国立水俣病総合研究センター(国水研、水俣市)は、水俣病の治療研究の推進を目的とした連携協定を結んだ。

 協定では、久留米大大学院医学研究科でリハビリテーション医学を専攻する大学院生(医師)が週2回、国水研で臨床研究に携わり、水俣病患者の手足の痛みなどを改善する磁気刺激装置…

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文373文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 ソウルの女王 アレサ・フランクリンさん76歳
  2. ボーイング777 次期政府専用機にも選定された大型機
  3. 鳥栖 中1いじめ、謝罪の市 提訴で態度一変「知らない」
  4. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
  5. 世界の雑記帳 トランプ米大統領、暴露本出版の元側近と泥試合

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです