メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

創作の原点

映画監督・大林宣彦さん 「廊下の奥の戦争」見据え

 公開中の「花筐/HANAGATAMI」は、映画監督、大林宣彦さん(80)の最新作にして原点だという。1977年のデビュー作「HOUSE/ハウス」以前に脚本を書き上げたものの機会に恵まれず、眠ったままになっていた。東日本大震災を経て、戦争の記憶を表現する責任を自覚、「大林的戦争3部作」の3作目として取り組んだ。がんと闘いながら「集大成」を完成させた、長い道のりを振り返った。

 7歳、広島・尾道で敗戦を迎えた。「物心ついた時は戦争のさなか、軍国少年で、お国のために戦死すると思…

この記事は有料記事です。

残り1585文字(全文1823文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. プロ野球 中日・岩瀬、1000試合登板まであと2
  4. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分
  5. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです