メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

創作の原点

映画監督・大林宣彦さん 「廊下の奥の戦争」見据え

 公開中の「花筐/HANAGATAMI」は、映画監督、大林宣彦さん(80)の最新作にして原点だという。1977年のデビュー作「HOUSE/ハウス」以前に脚本を書き上げたものの機会に恵まれず、眠ったままになっていた。東日本大震災を経て、戦争の記憶を表現する責任を自覚、「大林的戦争3部作」の3作目として取り組んだ。がんと闘いながら「集大成」を完成させた、長い道のりを振り返った。

 7歳、広島・尾道で敗戦を迎えた。「物心ついた時は戦争のさなか、軍国少年で、お国のために戦死すると思…

この記事は有料記事です。

残り1585文字(全文1823文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  3. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  4. 札幌爆発 周辺住民、不安の夜 150メートル先ガラスも割れ
  5. 電気製品 つなげすぎると火災の危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです