メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気鋭に迫る

広告業界から転じ夢実現 映画監督・中江和仁(36)

中江和仁監督

 映画界の新たな才能の発掘を目指す大手DVDレンタル会社の企画に応募して2015年にグランプリを受賞。その企画を基に初めて長編に挑んだ映画「嘘(うそ)を愛する女」が20日から全国公開される。「撮影現場で生まれるものを見落とさずに拾い上げるように心掛けた」と語る。

 一流企業に勤めるキャリアウーマンの由加利(長澤まさみ)が、恋人・桔平(高橋一生)の名前や肩書がすべて嘘だったことを知り、彼の過去と真実を探しに旅する物語。辻仁成さんのエッセーに書かれていた実話を基にしている。「高校時代に読んだ時から気になって、大学に入って図書館で実話に関する記事を調べたり、社会人になって小説を書いたりしてきた」

 当初は男の過去の謎解きに興味があったが、だんだん2人が一緒に暮らした日々の営みや、その真実味に引か…

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文962文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  2. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  3. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  4. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  5. 北海道知事選に夕張市長擁立で調整 自民

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです