メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

走り続けて

治療への時間短縮も ES細胞の知見を活用=山中伸弥

 iPS細胞の開発に成功する前、私はES細胞(胚性幹細胞)と呼ばれる細胞の研究をしていました。ES細胞は、体のさまざまな細胞に変化でき、どんどん増やせるというiPS細胞と同じ性質を持っています。ES細胞は1981年、英米の研究者がマウスの細胞から作製に成功しました。私は米国留学中の95年からマウスのES細胞を使い始め、96年に帰国後もその研究を続けました。しかし、「マウスの細胞の研究で、人間の病気の克服に役立つのか」という思いも徐々に強くなりました。

 そんなとき米国から飛び込んできたのが、人間のES細胞作製に成功したというニュースです。98年のこと…

この記事は有料記事です。

残り1083文字(全文1360文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  2. 日産3社連合 不当干渉あればルノー株… 鍵握る基本協定
  3. スプレー缶「ガス抜きせず」廃棄呼びかけ 事業系に求められる「ガス抜き」
  4. 日産、ルノーがトップ会談か オランダで
  5. 札幌爆発 パニックの中、床抜け落ち助かる 間一髪の様子を客らが証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです