メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日田彦山線

輝く復興へ イルミネーション列車出発 福岡

幻想的な光で装飾されて走るイルミネーション列車=福岡県田川市で2018年1月12日午後5時53分、矢頭智剛撮影

 昨年7月の九州北部豪雨で、福岡県東峰村のJR日田彦山線に一時立ち往生していた車両が12日、復興を願うイルミネーション列車(2両)として約半年ぶりに復活した。車内が約8000個の発光ダイオード(LED)電球で彩られ、沿線に光を届けた。

     この車両は、豪雨で線路内などに土砂が流入した影響で、日田彦山線の大行司駅(東峰村)に取り残されていた。大行司駅を含む同線の添田(福岡県添田町)-夜明(大分県日田市)間は今も不通だが、車両は昨年10月に撤去し車両工場で点検を進めていた。

     イルミネーション列車は田川後藤寺(福岡県田川市)-城野(北九州市)間の臨時普通列車として、27日までの金・土曜に1往復運行する。【青木絵美】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
    2. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
    3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
    4. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
    5. アクセス 復興相、軽くない? 今村氏「自主避難は自己責任」 暴言・放言・スキャンダル 「入閣調整ポスト」指摘も

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]