メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2040年推計

単身世帯4割に 未婚化が影響

65歳以上男女の独居率の推移

 国立社会保障・人口問題研究所は12日、世帯数の将来推計を公表した。2040年には単身世帯が全世帯の39.3%に達し、15年(34.5%)より5ポイント近く増加する。未婚化の影響で高齢者(65歳以上)の単身世帯の割合が増えることが主な要因。総世帯数は15年の5333万世帯から増加し、23年に5419万世帯とピークを迎え、40年には5076万世帯まで減少する。【桐野耕一】

 推計は5年ごとに実施している。単身世帯は15年の1842万世帯から30年には2025万世帯に増加。40年には1994万世帯に減るが、総世帯数も減少しているため全世帯に占める割合は約4割まで増える。40年の高齢者の単身世帯は896万世帯。

 高齢者の単身世帯のうち男性は40年に356万世帯となり、15年(206万世帯)の1.7倍に。女性は40年に540万世帯で、15年(420万世帯)の1.3倍に増える。40年には男性高齢者の5人に1人、女性高齢者の4人に1人が1人暮らしになる。

 総世帯数のうち世帯主が高齢者の割合は15年の36.0%から40年には44.2%と大きく伸びる。一方、かつて40%以上を占めた「夫婦と子」世帯は15年の26.9%から40年には23.3%に減少。「夫婦のみ」は20.2%から21.1%に、「ひとり親と子」は8.9%から9.7%へといずれも微増の見通し。世帯の平均人数は2.33人から2.08人に減る。

高齢者の支援重要

 国立社会保障・人口問題研究所の推計によると、高齢者人口に占める単身者の割合(独居率)は、40年に男性で20.8%(15年14.0%)、女性で24.5%(同21.8%)となる。結婚したことのない人の多い世代が次々と高齢期を迎えるためだ。40年以降もさらに未婚の独居高齢者は増えるとみられ、未婚で子どもがいない独居高齢者への支援が重要になる。

 結婚したことのない高齢男性の割合は15年の5.9%から40年には14.9%に大きく増加し、独居率の伸びを大きくしている。高齢女性も4.5%から9.9%へと増えるが、伸び幅は男性より小さく、独居率も男性ほど増えない。

 日本では1970年代半ばごろ、団塊の世代(47~49年生まれ)以降の世代で晩婚化・未婚化が急速に進展した。50歳までに一度も結婚していない人の割合を示す「生涯未婚率」は75年に男性2.1%、女性4.3%だったが、15年には男性23.4%、女性14.1%にまで上昇した。同研究所は「未婚者は子どもがおらず、家族の支援を受けられないことが多い。社会的な支援の充実が不可欠だ」と指摘する。

 政府は介護保険制度の中で24時間切れ目のないサービスや見守りなどの生活支援を充実させようとしている。一方で、財政の逼迫(ひっぱく)を理由に社会保障費の圧縮も進め、支援対象の絞り込みにも手を付けつつある。支援を行き渡らせるためには、公的制度だけでなく、住民やボランティアも巻き込んだ地域ごとの取り組みも求められている。【山田泰蔵】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 焦点・働き方改革 首都圏・総合病院の医師悲痛 当直明けも分刻み 「長時間労働、野放し状態」
  2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  3. 「18歳成人」に思う 性別変更、慎重に判断して タレント・KABA.ちゃん(49)
  4. 殺人 自殺装い弟殺害容疑 多額の保険、姉逮捕 堺
  5. クローズアップ2018 違法塀「人災」濃厚 認識に甘さ、命守れず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]