メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと・しずおか

障害者の社会参加を支援 渡辺富士雄さん /静岡

渡辺富士雄さん

社会に飛び立つ土台に 渡辺富士雄さん(37)

 「イベントプランナーなどの仕事をやっています」。会合で初対面の人に出会うと、両腕で車椅子をこいで笑顔で近づき、あいさつをする。交換した名刺には、障害者の就労を支援する飲食店「肉亭ゆめさく ベジミートダイニング」のために設立された会社名が刷られている。

 障害を抱える前は伊東市の老舗ホテルでフロントマンとして、団体客らの対応を担当していた。ところが、2013年4月に市内を原付きバイクを運転中、左から乗用車に衝突され横転。搬送先の病院で、気がつくと胸から下の感覚がなくなっていた。

 リハビリテーション施設に入所するなどして復帰に向かう中で、障害者ゆえの差別や偏見、不便さを垣間見た…

この記事は有料記事です。

残り613文字(全文925文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  2. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  3. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  4. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  5. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです