メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スーパーキッズ&シニアin大阪

/7止 次こそ世界大会決勝へ BMX選手 西村寧々花さん(13) /大阪

「自由自在に動かせることが楽しい」と話す西村寧々花さん=大阪府岸和田市春木若松町のサイクルピア岸和田で、井川加菜美撮影

 岸和田市春木若松町の岸和田競輪場に隣接するサイクルピア岸和田BMXコース(全長約314メートル)を同市立桜台中1年の西村寧々花さん(13)が一気に駆け抜ける。BMXを始めて約5年。日本代表として世界選手権にも出場するなど、今後の活躍が期待される選手のひとりだ。

 BMXは「バイシクル・モトクロス」の略。競技用の自転車で凹凸や急カーブのある土のコースを走り、その速さを競うもので、五輪の正式種目でもある。西村さんがBMXと出合ったのは、小学校2年生の頃。習い事を始めようと考えていた際、父親から家の近所にコースがあるBMXを勧められたという。バランスは取りにくいが、スピードが速く、自由自在に走れる競技用自転車に魅力を感じて通い始めた。翌年には初出場した大会のビギナークラスで初優勝を果たした。

 その後も、全日本選手権大会で優勝を重ね、2015年にはベルギーで開催された世界選手権大会に日本代表…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「小中学生は大外刈り禁止を」 中一の娘亡くした父がネットで発信 全柔連相手に賠償提訴も
  2. 韓国、日本に検証を改めて要請 レーダー照射問題
  3. 韓国、「威嚇飛行」の画像公開 レーダー測定高度も
  4. 大坂が日本勢初の決勝進出 全豪テニス
  5. 防衛省 にじみ出る不快感 レーダー照射問題

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです