メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

進化する15歳 藤井四段(その1) 「10代でタイトルを」

 6日、大阪市福島区の関西将棋会館。中学生棋士の藤井聡太四段(15)は2018年の初戦に臨んだ。同じ16年10月にプロ棋士となった大橋貴洸(たかひろ)四段(25)との対局は4回目になる。1カ月前に苦杯をなめた相手を前に、盤面に覆いかぶさるほど前のめりの姿勢で挑んだが完敗。「もっと力をつけて活躍できる年になるように頑張りたい」と語った。次に臨んだ11日の竜王戦5組初戦で中田功七段(50)を破り、今年の初白星を挙げた。

 史上最年少の14歳2カ月でプロデビュー。昨年6月に最多連勝記録の公式戦29連勝を達成し、一躍時の人…

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文644文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
  2. サッカー日本代表 大迫決勝ヘッド コロンビアを撃破
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 名人戦 持久戦模様の展開、羽生が封じる 第6局
  5. サッカー日本代表 香川PKで先制も、コロンビアが同点に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]