メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

「核合意見直し」要求 米・イランに新たな火種 制裁は見送り

米国とイランの対立関係図

 トランプ米大統領は12日、欧米など主要6カ国がイランと結んだ核合意について、イラン側の合意違反を理由とした制裁の再発動を見送り、当面は合意を維持すると発表した。ただしイランによるウラン濃縮活動を無期限に停止する内容などを盛り込み、合意の見直しが必要だと主張。応じなければ米国が合意を離脱する考えを示したが、イラン側は反発している。

 トランプ米大統領は12日の声明で、イランを「世界最大のテロ支援国家」と指弾、弾道ミサイル開発なども…

この記事は有料記事です。

残り1588文字(全文1804文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  5. 熱血!与良政談 改革後19年の惨状=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです