メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いただきます

焼きハゼの雑煮×石巻・長面浦 古里の暮らし、わんの中に

イラスト 佐々木 悟郎

 夜明け前、仮設住宅を出て北上川沿いに軽トラックを走らせると、20分ほどで河口にたどり着く。山に囲まれた湾に栄養分豊かな沢の水が流れ込み、カキなどの海の幸を育んでくれる入り江だ。

 宮城県石巻市の長面(ながつら)浦。ここで生まれ育った榊照子さん(73)は子どもの頃から父と漁に出た。夫正吾さん(74)と結婚した後も船に乗り続け「女船頭さん」と呼ばれた。

 夫婦は浦のほとりにある作業場で、網にかかったハゼを串に刺していろりで焼く。天井につるして1週間ほど…

この記事は有料記事です。

残り811文字(全文1036文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです