メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

はじめてのおもてなし みんな愚かで、いい人 笑いの中から絆を発見

 映画に登場するドイツといえば、どうしても第二次世界大戦のイメージがつきまといます。冷酷無残にユダヤ人殺害を命じる将校なんて、ハリウッド映画で何度見たことでしょう。でも、第二次世界大戦後のドイツはまるで違う社会です。

 占領が終わった後も戦争犯罪の告発を続け、かつては侵略したヨーロッパ諸国との協力も進めてきた。さらに、ユダヤ人を虐殺した過去とは正反対に、民族や宗教の多様性を認める社会となった。現在のドイツでは、さまざまな地域から来て、さまざまな宗教を信じる人々が共存しています。

 それは経済が理由だ、労働力不足のために移民を受け入れたんだと言う人もいるでしょう。確かに、トルコを…

この記事は有料記事です。

残り1340文字(全文1630文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  2. 加計学園 理事長が会見、謝罪 監督責任で給与を自主返納
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 加計学園 午前11時から記者会見 理事長自ら説明か
  5. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]