メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 毎年お正月がくるたびに、あらためて気がつくことがいくつかある。そのひとつは朝、窓を開けた時から始まる。

 まず最初に耳にとびこんでくるのは、陽気な鳥たちのさえずりだ。こんなにたくさんの鳥たちが、毎日朝の訪れを告げているはずなのに、ふだんは気がつかない。それはあわただしさで意識の中に入りこまないのかもしれないし、都会がたてるさまざまな音でかき消されているのかもしれない。

 窓からみえる空も、ふだんとは違う。急に空が広く、大きくなったように感じるのは空気が澄んでいるためだ…

この記事は有料記事です。

残り922文字(全文1157文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 大塚勇三さん97歳=児童文学者「スーホの白い馬」
  2. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田
  3. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  4. 夏の高校野球 滞在費ピンチ 金足農OBが寄付金募集
  5. 夏の高校野球 金足農、東北の夢担う 白河越え挑戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです