メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 毎年お正月がくるたびに、あらためて気がつくことがいくつかある。そのひとつは朝、窓を開けた時から始まる。

 まず最初に耳にとびこんでくるのは、陽気な鳥たちのさえずりだ。こんなにたくさんの鳥たちが、毎日朝の訪れを告げているはずなのに、ふだんは気がつかない。それはあわただしさで意識の中に入りこまないのかもしれないし、都会がたてるさまざまな音でかき消されているのかもしれない。

 窓からみえる空も、ふだんとは違う。急に空が広く、大きくなったように感じるのは空気が澄んでいるためだ…

この記事は有料記事です。

残り922文字(全文1157文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. 京都府警 スーパーで店員の女性刺す 男の身柄を確保
  5. 質問なるほドリ 5Gどんな通信? 動画も超高速ダウンロード 自動運転支える=回答・森有正

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです