メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

待ち遠しい

/48 作・柴崎友香 題字・画 赤井稚佳

=画・赤井稚佳

前回までのあらすじ

 律子は、娘の沙希を育てる苦しい生活を乗り切るため、暴力を振るわれて離婚した元夫に対し、「死ぬほど」悔しい思いで頭を下げて送金してもらっていたのだった。ゆかりは、さくらんぼ狩りかブルーベリー狩りに行こうと律子を誘う。

長い夜、そして朝

 ゆかりは、顔から笑みをなくすことなく続けた。

「わたしもね、娘のことで、難しかった時期があったんだけど、そのころにね、ご近所の方がりんご狩りに誘ってくださって。信州のとっても景色がいい農園だったのよ。それですごく気持ちが楽になったことがあるの」

 しかし、律子は、はっ、とため息とも笑いともつかない息をもらし、早口で返した。

この記事は有料記事です。

残り2698文字(全文2984文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
  2. サッカー日本代表 大迫決勝ヘッド コロンビアを撃破
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 名人戦 持久戦模様の展開、羽生が封じる 第6局
  5. サッカー日本代表 香川PKで先制も、コロンビアが同点に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]