メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

独ベンツ製

はしご車公開 名古屋港ふ頭で

 1935年に名古屋市の中消防署に配置され、世界でも現存するものは珍しいとされる独メルセデス・ベンツ社製造のはしご車が13日、名古屋港ガーデンふ頭で公開された。

     市消防局によると、高層化が進む中心部での体制強化のため導入された。当時は国産はしご車が無かった。68年まで使われた後、市消防学校で教材などとして活用された。2010年、老朽化で自走できなくなり、学校で保管されていた。

     「名古屋の宝として復活させよう」という声があり、16年から中日本自動車短大(岐阜県坂祝町)の協力を得て修復してきた。まだ自走はできないが、手動式サイレンを鳴らせるようになり、今回の公開となった。市消防局では「来年の出初め式までには自走できるようにしたい」としている。

     同短大で修復に携わる加納頌太(しょうた)さん(21)は「塗り直してきれいになったはしご車を見て達成感がある」と話す。

     14日も午前9時半~午後2時、公開する。【道永竜命】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
    2. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争
    3. 大山古墳 40メートル大きかった 築造当時、全長525メートル 宮内庁測量 周濠の水面下にも墳丘
    4. 歴史散歩・時の手枕 大山古墳(仁徳天皇陵、堺市堺区) 風格堂々 都会の森
    5. 強盗 現金5100万円奪われる 顔面に液体塗りつけられ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです