メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災

「母いない寂しさ消えず」レインボーハウスで

 阪神大震災の遺児を支援するあしなが育英会の「神戸レインボーハウス」(神戸市東灘区)で13日、「追悼と交流のつどい」があり、遺児や保護者ら約80人が黙とうや献花をした。阪神で母を亡くした遺児2人と、東日本大震災(2011年)で妻を失った男性が家族への思いなどを記した手紙を読み上げた。

 兵庫県三田市の給食調理員、福井友利さん(27)は、亡くなった母幸美さん(当時31歳)への手紙に「あと4年でお母さんが亡くなった年齢になる。震災から何年たっても、お母さんがいない寂しさは消えない」とつづった。東日本大震災後、宮城県で2年半、遺児…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大坂なおみ選手の肌白く表現 日清食品が謝罪と米英紙
  2. 大坂なおみ、世界ランク1位の条件 WTA公式サイトが伝える
  3. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電
  4. コート内外のギャップも魅力 大坂なおみ、全豪4強
  5. 女子中学生が意識不明 殺人未遂容疑で母親を逮捕 前橋

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです