メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宇都宮動物園

ゾウのふんで合格お守り「受かるゾウ」

宇都宮動物園で無料配布されているお守り「受かるゾウ」=宇都宮市上金井町の宇都宮動物園で2018年1月11日午前11時6分、萩原桂菜撮影

 受験生に「運」をつけてもらおうと、宇都宮市の宇都宮動物園がゾウのふんを材料にした合格お守り「受かるゾウ」を手作りし、無料で配布している。

     草食のゾウのふんは、ほとんどが繊維質だ。水で洗って不純物を取り除き、煮詰めて消毒した後、手すきで紙を作製。「合格」の語呂合わせで五角の絵馬型(幅約3センチ)に整え、飼育員の手描きイラストをそえた。今年も500個以上を作った。

     ふんはアジアゾウの宮子(メス、44歳)が1日に60~70キロも提供するから「材料はほぼ無限」という。荒井賢治園長は「精いっぱい頑張った受験生に運をつけてほしい」とエールを送る。【萩原桂菜】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 草津国際スキー場 雪崩が発生、4人巻き込まれる 群馬
    2. 群馬 草津白根山が噴火 スキー場で雪崩、4人被害か
    3. 宮部行範さん死去 48歳早過ぎる死 関係者も驚き隠せぬ
    4. 大雪 乗らなきゃよかった首都高 山手トンネルで立ち往生
    5. 訃報 スピードスケートの住吉都さんが死去 ソチ五輪代表

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]