メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

浅野拓磨、W杯イヤー初戦は「恥骨炎」で欠場「自分はできると言ったけど…」

情報提供:サッカーキング

ヘルタ戦を負傷欠場した浅野。チームの6戦ぶり白星には「純粋に勝ててよかった」と喜んだ [写真]=VI Images via Getty Images
 ワールドカップイヤーの重要な初戦は負傷欠場を余儀なくされた。シュトゥットガルトのFW浅野拓磨は、13日に行われたブンデスリーガ第18節のヘルタ・ベルリン戦でメンバー外となり、試合後に「キャンプを終えて恥骨炎になって、今回は大事をとってメンバー外と言われました」と欠場理由を明かした。

「キャンプでの疲労」が原因だったという。浅野は合宿地スペインから帰国した翌日にチーム練習を欠席。その後は軽めのメニューとなり、「試合前日の時点でメンバー外は分かっていた」。それでも、「練習をやっていると違和感はあるけど、やれなくはないので、やりながら治していく感じです」と深刻ではないことを明かした。

 サンフレッチェ広島時代の2014年6月には左恥骨を疲労骨折しており、「その影響もあったと思う」と自ら指摘。続けて「骨折もオフ明けになっていた」と当時を振り返り、今回のケガについても「オフやオフ明けのトレーニングの仕方に影響があると思う」と分析している。

「キャンプで午後オフのときに1人でトレーニングをしていた。自分のためになると思ってやっていたけど、それが(ケガに)影響した可能性もある。自分の体と相談しながらやっていく部分はまだまだ未熟だなと感じる。オーバーワークをしているつもりはないけど、実際に体に出ているので、考えながらやっていなかいといけない」

 ロシアW杯出場が懸かった勝負のシーズン後半戦。初戦を欠場したことで当然ながら焦りも滲ませた。「W杯から逆算したときに今日の試合はすごく重要だった。1日1日がどれだけ大事かは今までの経験から分かっているので、今回この1試合を失ったのは痛い」。そのため、監督にも「自分はできると言った」と出場意欲を伝えていたという。

 しかし、無理をすれば恥骨炎の症状が悪化し、数カ月の離脱を強いられる可能性もある。本人もそれを理解しているようで、「(痛みを)我慢していたらどうなっていたかを考えると、(欠場を)ポジティブに捉えていくしかない。メンバー外になった時点で、次の試合に向けていい準備をして、より良い状態に持っていかないといけない気持ちになった」と潔く切り替えて前を向いた。

【関連記事】
ロシアW杯出場を逃したベスト11がすごい…ベイルやサンチェスなど選出
成功をつかんだのは何人?…10年前に英誌選出の“10代新星50人”とは
長谷部、引退後は指導者転身へ「ドイツで監督ライセンスを取りたい」
コヴァチ監督が鎌田大地に「国際レベル」の賛辞…独語は「マコトが助けてくれる」
PSGが“日本のメッシ”久保建英に注目? 仏メディア「すでに関係者と接触か」

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 文科省汚職 「裏口入学ある」伝達 東京医大前理事長
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. 気になる!保育所 おむつ処分 予算がない?
  4. ワンピース 「食戟のソーマ」チームがサンジ描く! ジャンプで連載21周年特集
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]